犬と生活

柴犬が脱走したときの探し方【脱走した愛犬が殺処分されない為に】

脱走した柴犬の探し方を知りたい方へ。

「大切な愛犬が脱走してしまい連れ戻したいが、初めてのことなのでどう探せばいいか、どんな手続きをすればいいか分からない。」

「脱走しない対策があれば知りたい。」

こういった疑問を解決していきます。

■もくじ

1.柴犬が脱走したときの探し方

2.もし、無事に見つかったら

スポンサーリンク

1.柴犬が脱走したときの探し方

柴犬が脱走したときの探し方

 

1-1 警察に届け出をする

一番大切なことをお話しします。

大原則として、脱走した愛犬を自分の手で保護するのはほぼ不可能です。

最初にしなければいけないことは警察に届け出を行うこと。そうすることで、愛犬が保護されたときに自分のもとへ連絡が来ます。

自分一人で探し、愛犬を見つける可能性よりも、町に住む何十万もの住人の中の一人が偶然確保し、警察に届ける可能性の方が何百倍も可能性があります

素早く動き、体力のある犬を人間の足で追いかけて確保するのは不可能です。一度見失った場合は、速やかに警察署・交番へ届け出を行いましょう。そうすることで、愛犬が走り疲れたときに別の飼い主さんが散歩をしている最中に愛犬がその犬に近寄っていく場合や、愛犬がおなかを空かせて飲食店にいるお客さんに近寄っていくことがあります。そこを保護してもらったときに、自分のもとへ連絡が来ます。

散歩中の犬に近寄る、そして飲食店で食事中のお客さんに近づく。実はこれ、どちらも実話です。僕の愛犬、ゴエモンが脱走して丸一日が経ったころに、1kmほど先の近所の飼い主さんが犬を散歩させていたときです。リードを付けない犬が近づいてきたため、不審に思った飼い主さんが保護してくださり、警察に届けて頂けました。

また、別の脱走をした際は、やはり脱走から1,2日が経過しおなかを空かせたゴエモンはマクドナルドのお客さんに近づき、食べ物をもらっていました。ただ、野良にしては毛並みが良く、首輪を付けていたため警察に届けられ、無事に警察から連絡をもらうことができました。

注意点ですが、最寄りの警察署だけでなく、近辺の警察署すべてに届け出を行いましょう。警察同士で連携を取っていない可能性がありますので、一つの交番に届け出をしただけで安心しないようご注意ください。

もう一度言います。自力で見つけ、取り戻すのは不可能です。町の方の協力なくして捜索は成功しません。必ず警察に届け出をしましょう。

 

1-2 保健所に届け出をする

警察へ届け出を行うのと同様に、保健所にも迷子届を出しましょう

同時に、保護届が届いていないかを確認しましょう。

保健所では届けられた犬や猫が3日間、最長で1週間で殺処分されてしまいます。

折角無事に保護されたのに自分のもとに戻ってこず殺されてしまったら、とそんなこと考えるのも恐ろしいですよね。迷子届を出しておくことで、こういった可能性を減らすことができます。

迷子届は犬が脱走した飼い主が届ける物です。そして、保護届は迷子犬を自宅で保護してくれている方が届けてくれるものです。迷子届を出したら、保護届をこまめに確認しましょう。愛犬を保護してくれている可能性があります。

 

1-3 走って行った方向を探す

柴犬が走っていった方向をなるべく細かく思い出しましょう。

その方向にあなたの愛犬は走っていきました。

ほとんどの場合、迷子になった犬は脱走していった方向の先のエリアで見つかります。

柴犬が脱走できる状況になったとき、彼らは自分が一番行きたい場所へ走り出します。その行動は飼い主の目を盗んで隠れたり、方向転換を伴って探す方向を惑わすようなことはしません。その為、まっすぐ走り出したのであれば単純にその道の先に走っていったと予想することができます。

僕が飼っていた柴犬が脱走した際は、6回脱走しその全てが走った方向のエリアで保護され、無事に保護されました。

もし、まだ見える範囲にいるのであれば走って追いかけましょう。まだ姿が見えている間は名前を呼ぶこと。そして、「待て!」や「お座り!」などの普段しつけしているときの指令が非常に有効です。

僕は実際に脱走した愛犬を10分間全力疾走で走って追いかけたことがあります。その時もゴエモンという愛犬の名前と待て、お座りを叫び続けました。「ゴエモン!『待て!』」「ゴエモン!『お座り!』」というように。

足に乳酸が溜まり、肺も苦しくなってもう走れないと諦めかけたそのとき、愛犬のゴエモンはストンとお座りをしました。

どうやら彼もしばらく走り続け、疲れたのでしょう。興奮が収まったのか僕の声が届き、無事に確保することができました。帰りは切羽詰まっていたためリードも持っていなかったので、そのまま抱きかかえてふらふらと帰りました。

愛犬が脱走した時はまず、諦めずに走って追いかけましょう。

 

2.もし、無事に見つかったら

もし、無事に見つかったら

2-1 脱走しないように対策を講じる

もし、愛犬が無事にみつかったら。本当によかったです。でも安心しないでください。

一度脱走した犬は、脱走したときのことを楽しかったと感じて、また脱走する可能性が非常に高いです。

単純に玄関や門に鍵をかけるだけでなく、木の柵等を設置する必要があります。また、外飼いであれば首輪やリードが外れない丈夫なものに代えましょう。

柴犬はとても賢いです。

ダイアル式の時計回りに回さないと開かない門の鍵を器用に前足で開け、引き戸の隙間に鼻をねじ込んで無理矢理こじ開けます。

ほかにも頑丈で小さい、捻るタイプの鍵を口でうまく開け、ドアを後ろに引いて脱走します。

残念なことに、これはすべて実話です。

僕の愛犬ゴエモンが人生で計6回脱走したときの手口でもあります。

これはつまり、柴犬であればどの子も脱走する習性を持つ可能性がありますし、その為に逃げ出す頭脳を持っているということでもあります。

2-2 首輪に連絡先を記載する

警察、保健所に届け出をする理由は自分に連絡をもらえるネットワークを作ることが目的です。

また、殺処分されるリスクを避けるためでしたが、最悪届け出をしなくても、保護してくれた方が直接自分に連絡をしてくれる方法があります。

それは愛犬の首輪に連絡先を記載しておくことです。

僕の愛犬には首輪に金属製の直径2,3cmほどのチャームを付けていました。

そこには愛犬の名前と自宅の電話番号が彫り込まれていました。

金属製でも5年もすると研磨されて文字が読めなくなってしまうため、時々取り替えてあげると良いです。

 

要点まとめ

本日は柴犬が脱走したときの探し方について6回の脱走経験を持つ愛犬を飼っていた僕の経験談を基に紹介しました

再三になりますが、愛犬が脱走したら警察と保健所に届け出をしましょう。一度見失った場合、自力で探して見つかる確率は非常に低いです。そして、もし、無事に見つかったら次に脱走したときの為に首輪に連絡先を記載するなど対策を講じましょう。

柴犬はとても賢いです。脱走するときに工夫するのはもちろん、危ない車は避けて歩きますし人懐っこく寄っていきます。あなたの愛犬が無事に見つかることを信じています。

 

僕はツイッターで柴犬を中心としたペットの役立ち情報を毎日配信しています。もしこの記事が参考になったと感じていただけたらツイッターをフォローしていただけるととても嬉しいです。→Twitter:ユタカのペット愛好日誌

 

スポンサーリンク