犬と生活

愛犬が草を食べてしまうけど、危なくないの?【身体に害はないです】

愛犬が草を食べてしまうけど、危なくないの?【身体に害はないです】

犬が草を食べることは身体に悪いのか知りたい方へ。

「愛犬が散歩中に雑草を食べる。身体に悪くないの?」

「草を食べることなにか意味はあるの?」

こういった疑問に答えていきます。

 

◾本記事の内容

1.犬が草を食べるのは身体に悪くないの?

2.犬は食べる草を選んでいる

スポンサーリンク

こんにちは、柴犬系ブロガーのユタカ(@titlemaker_ytk)です。

 

僕は14年間柴犬を飼っている中で、愛犬が散歩中に草を食べる場面を何度もみてきました。

その様子を観察してみると、愛犬は毎回の散歩で雑草を食べているわけではありませんでした。

そして、いつも同じ種類の雑草を食べていることに気がつきました。

今回は当時の経験を交えて、犬が草を食べることが悪いことなのか紹介したいと思います。

 

 

1.犬が草を食べるのは身体に悪くないの?

1.犬が草を食べるのは身体に悪くないの?

1-1 犬は草を食べても平気です

安心してください。

犬は草を食べてもおなかを壊すことはありません。

 

むしろ、その逆なんです。

犬にとって雑草は身体にいいので食べています。

 

愛犬を散歩しているときに、草の匂いを嗅いでいると思って目を離したら、愛犬が草を食べていた。

初めてそんな場面に出会ったら、飼い主としてはびっくりしてしまいますよね。

 

でも、犬が雑草を食べるのには、しっかりとした理由があります。

 

1-2 犬が草を食べる理由

 

犬が雑草を食べるのは、整腸作用のためです。

雑草を食べることで食物繊維を摂り、身体の不調を戻そうとしています。

 

愛犬が雑草を食べるのは、お肉などの重いものを食べて胃腸の調子が悪いときが多いです。

 

実際に僕の愛犬が雑草を食べていたのは、食後に散歩に行ったときの方が頻度が高かったです。

場合によっては、雑草を食べることが習慣になっていて、胃腸の調子が悪くないときも食べている子もいるようです。

 

また、柴犬の場合は先祖であるオオカミが整腸作用のために食べていたときの名残で本能的に食べていることもあります。

 

しかし、基本的には身体の不調を戻すために食べています。

そのため、もしも連日雑草を食べているようであれば、身体の調子が正常に戻っていない可能性が高いです。

 

なので、普段はあまり雑草を食べているところをみていないのに、急に連日食べているようであれば一度お医者さんに診てもらうのがリスクのケアとして良いでしょう。

 

 

 

 

2.犬は食べる草を選んでいる

2.犬は食べる草を選んでいる

2-1 犬はいつも同じ草を食べている

 

犬がよく食べる草の名前は「イヌムギ」です。

この1種類だけ食べているわけではありませんが、この雑草を食べているわんこが圧倒的に多いです。

 

イヌムギは、日本であればどこにでも生えている雑草です。

形はわりと特徴的で、根元からまっすぐ上に伸びてきていて、先端がとがっています。

写真を引用してきましたので、犬の散歩をしたことがあれば、みたことがあるかと思います。

引用:埼玉の農作物病害虫写真集

引用:埼玉の農作物病害虫写真集

イヌムギは、特に毒性なども持っておらず、犬が食べても問題のない雑草です。

 

ちなみに「イヌムギ」の由来は、犬がよく食べるからイヌムギ、ではありません。

イヌは意味合いでいうと「否(いな)」の印象が強く、ムギに似ていて否なるものだからイヌムギと呼ばれるようになったそうです。

 

その名のとおり、麦のように穂をつけるものの、食用としての役割は担えない、ヒトにとって役に立たないモノであることから役に立たない、似て非なるムギということでイヌムギと呼ばれるようになったとされています。

 

2-2 除草剤には気をつけて

愛犬が雑草を食べるときの注意点が2つあります。

 

■愛犬が雑草を食べるときの注意点

・除草剤には気をつけよう

・拾い食いをしないように見張ってあげよう

上記のとおりです。

 

愛犬と公園に散歩に行ったときなどに、まれに除草剤が撒かれていることがあります。

除草剤は、人間の子供にも身体に害を与える影響があるので基本的には、注意の看板などが出ていると思います。

なので、そういった看板や注意書き、回覧板が来ていないか気をつけておくようにしましょう。

 

一応、犬は除草剤の匂いに気がついて食べようとしないかとは思いますが、万が一食べてしまうと命にも関わることなので気を張っておきましょう。

 

2-3 拾い食いの習慣は止めさせよう

 

最後に気をつけておくことですが、愛犬に拾い食いの習慣をつけさせないようにしましょう。

 

最近は心ない近隣住民による仕業で、毒餌を仕掛けられてしまう事例もあります。

先日発生した、大阪での毒餌事件に関する紹介をしているので興味のある方は「公園で、拾い食いをした秋田犬が毒殺死。【危険から愛犬を守るには】」をご覧になってください。

 

公園で、拾い食いをした秋田犬が毒殺死。【危険から愛犬を守るには】
公園で、拾い食いをした秋田犬が毒殺死。【危険から愛犬を守るには】大阪の公園で、拾い食いをした秋田犬が毒殺されたというニュースがありました。 どうせただの事故じゃないの。こんなニュースうちの愛...

 

飼い犬が毒餌を拾い食いしてしまって、実際に亡くなってしまったケースもあるため心配になるかと思います。

 

拾い食いを止めさせるためにも、明日から控えて欲しい行動が2つあります。

それは、以下のとおりです。

 

■拾い食いを止めさせるために控えて欲しいこと

・床に落ちた食べものを食べさせる

・床に食べものを置いて、食べさせる

 

これらの行動は愛犬に拾い食いの習慣がついてしまうので、出来れば避けましょう。

 

犬が雑草を食べる行為は、整腸作用のため

 

犬が雑草を食べる行為は、整腸作用のためなので、安心して食べさせてあげて問題ありません。

しかし、同じような行為として、拾い食いについては、事件のリスクも考えた上で止めさせた方が良いかと思います。

 

 

僕はツイッターで、柴犬を中心としたペットの役立ち情報を毎日配信しています。

もしこの記事が参考になったと感じてもらえたら、ツイッターのフォローしてくれると嬉しいです。→Twitter:ユタカ@柴犬系ブロガー

 

スポンサーリンク