犬と生活

雨は愛犬の身体に悪い影響を与えるのか。【犬は雨が好き?きらい?】

雨は愛犬の身体に悪い影響を与えるのか。【犬は雨が好き?きらい?】

犬は雨が好きなの?きらいなの?

「愛犬が雨の日の散歩を嫌がる。犬は散歩が嫌いのかな?」

「雨の日の散歩は、愛犬の身体に悪くないの?」

こういった疑問に答えていきます。

 

◾本記事の内容

1.犬は雨が好き?きらい?

2.雨の散歩は犬の身体に悪くないの?

スポンサーリンク

こんにちは、柴犬系ブロガーのユタカ(@titlemaker_ytk)です。

 

僕は柴犬を14年間、外飼いしてきました。愛犬は雨の日も構わず散歩に行きたがるわんこでした。

その一方で近所の知り合いのわんこは雨の日に散歩に行きたがりませんでした。

そのときに、僕は普段の暮らしぶりから雨の好き嫌いが分かれることを知りました。

今回は当時の経験を基に、わんこの雨の好き嫌いについて紹介していきます。

 

1.犬は雨が好き?きらい?

1.犬は雨が好き?きらい?

 

1-1 雨の好き嫌いは、飼い主次第

 

犬が雨を好きになるかきらいになるかは、飼い主次第です。

 

犬にとっての雨の好き嫌いは、普段の暮らしが大きく影響します。

その条件は、以下のとおりです。

 

 

・外飼いしている犬は、雨を気にしない傾向にある。

・一方で室内飼いしている場合は、雨を警戒する子が増える。

 

 

僕は愛犬のゴエモンを外で飼っていましたが、ゴエモンは雨を全く気にしませんでした。

冬の寒い時期でも、梅雨の時期のどしゃ降りの日でも構わず散歩に行きたがっていました。

 

雨を嫌がらない理由ですが、普段から外で暮らしているので、雨に打たれ慣れていて雨を怖がらなくなっているからです。

むしろ、ゴエモンは雨の降っている中でも構わず屋根のない庭に飛びだしていき、積極的に濡れていく困った子でした。

おかげで雨の日はタオルを何本使ってもゴエモンのことを乾かすことができず困っていました。

 

そんなゴエモンも散歩に行きたがらない日がありました。

それは、雷が鳴っている日です。

 

雷を怖がる犬は多いですが、ゴエモンはその中でも人一倍怖がりました。

 

雷が遠くで鳴り始めると、最初に吠えるようになり、次にせわしなく歩き回るようになり、最後に玄関のドアをカリカリとひっかいて屋内に入りたがる素振りを見せていました。

 

そんな日は普段入れない家の中に入れてあげるので、まるで散歩に出掛けたときのようにはしゃいでしまい大変でした。

 

1-2 柴犬は雨を気にしない理由

 

柴犬は特に、未知の現象に対して警戒心をつよく抱きます。

 

普段から雨に打たれている外飼いの柴犬は、徐々に雨に慣れていくこともあり、雨を気にせず散歩に行きたがります。

その一方で、雨に打たれたことがない子は雨を警戒して散歩を嫌がるようになります。

 

その中でも柴犬の場合は、雨を気にしない子が多いです。

雨を気にしない理由ですが、柴犬の毛はダブルコートになっているからです。

 

■ダブルコートとは?

毛の構造が、外毛と内毛の2重構造になっていること。

 

 

ダブルコート構造になっている犬は、二重の毛が雨をブロックするため皮膚まで濡れにくいです。

 

そのため、柴犬は雨を気にせずに散歩を優先する子が多いんです。

 

正直な話、飼い主の気持ちとしては雨の日の散歩は憂鬱ですよね。

雨の散歩の後は愛犬の毛を上から下まで乾かさなければいけないので、一手間も二手間もかかります。

 

なので飼い主的には気にしまくりです…だからタオルで拭く前にブルブルするのやめて!

 

 

1-3 散歩に行きたがらないのは、雨のせいじゃない?

 

愛犬が散歩を嫌がるのは、雨が理由ではない可能性もあります。

愛犬が散歩に行きたがらないのは、もしかしたら気圧の変化が原因かも知れません。

 

気圧の変化によって気分が落ち込むのはヒトだけでなく、犬も同じです。

 

気圧の変化が気分を落ち込ませる症状は、気象病という病気の症状のひとつです。

日本でも1,000万人以上の人が悩まされている症状で、多くのヒトに影響を与えています。

 

犬はヒトよりも感覚が鋭敏なので、気圧の変化による影響を大きく受けている可能性があります。

そのため、犬が散歩に行きたがらないのは雨がきらいだからではなく、気圧の変化でテンションが低くなってしまっているのかも知れません。

 

この場合は、無理に身体を動かすと負担になってしまいます。

そのため、無理矢理散歩に連れて行くことは避けた方が良いでしょう。

 

気象病と犬の不調については、「わがままなだけなの?柴犬の散歩拒否!【実はちゃんと理由があります】」でも紹介しているので、気になる方は参考にしてください。

わがままなだけなの?柴犬の散歩拒否!【実はちゃんと理由があります】
わがままなだけなの?柴犬の散歩拒否!【実はちゃんと理由があります】柴犬が散歩に行きたがらない理由を知りたい方へ。 「散歩に連れて行こうとしても、愛犬が立ち上がらない。なんでいつもは喜んでいく散...

 

 

2.雨の散歩は犬の身体に悪くないの?

2.雨の散歩は犬の身体に悪くないの?

2-1 平気な犬種、良くない犬種

 

犬が雨に濡れることは、身体に悪い影響を与えないの?

 

冒頭で少し触れましたが、柴犬のようなダブルコート構造の毛を持つ犬種は雨に体温を奪われづらいです。

そのため、ダブルコートの犬種は季節を問わず雨の散歩もへっちゃらです。

 

その一方で、シングルコートの毛を持つ犬種は雨に濡れると体温を奪われやすいです。

シングルコートの毛の構造は、ダブルコートのような2種類の毛が重なっておらず、ダブルコートに比べて外気温に影響されやすいです。

そのため、秋から冬にかけての寒い時期は体温を奪われやすく身体に良くありません。

 

「どんな犬種がシングルコートの犬・ダブルコートの犬なの?」

と感じた方もいるかと思いますので、シングルコートとダブルコートの犬種を紹介していきます。

■シングルコートの犬種

・トイプードル

・マルチーズ

・ヨークシャーテリア

・パピヨン

■ダブルコートの犬種

・柴犬

・チワワ

・コーギー

・ポメラニアン

・ダックスフント

・ゴールデンレトリバー

 

日本で最も多く飼われている犬種、柴犬はダブルコート構造なので、本来は雨に強い犬種です。

 

 

2-2 どうしても行かせたい場合の工夫

 

雨が嫌いなわんこを飼っていても、散歩に連れて行きたい場合はどうすればいいでしょうか。

 

どうしても毎日散歩に行きたい場合は、愛犬の身体が濡れないよう散歩のルートを屋根のある道を通るようにするか、レインコートなどを着せて濡れないように工夫しましょう。

 

 

雨が多く、なかなか散歩に連れていけてないなーと感じたら、室内ドッグランに連れて行くのも選択肢のひとつ。

運動不足が愛犬の体調を崩す原因にもなるので、散歩に連れていけない日が続くようであれば、休日に運動させてあげる環境を作ってあげましょう。

 

そうやって、愛犬の健康を維持させて思い出を作ってあげてください。

 

僕はツイッターで、柴犬を中心としたペットの役立ち情報を毎日配信しています。

もしこの記事が参考になったと感じてもらえたら、ツイッターのフォローしてくれると嬉しいです。→Twitter:ユタカ@柴犬系ブロガー

 

スポンサーリンク