犬と生活

柴犬の名前は、和風が多いです【愛犬に命名するときのこだわり】

柴犬の名前は、和風が多いです【愛犬に命名するときのこだわり】

柴犬に名前をつけるときになにを基準にすれば分からない飼い主さんへ。

「柴犬をこれから飼うんだけど、柴犬にはどんな名前をつければいいのか気になる。」

「犬種によって、人気の名前は違うのかな?」

こういった疑問に答えていきます。

 

✔本記事の内容

1.柴犬の名前は、和風が多いです

2.愛犬に命名するときのこだわり

スポンサーリンク

こんにちは、柴犬系ブロガーのユタカ(@titlemaker_ytk)です。

 

僕は柴犬を飼っていた経験があります。

愛犬にはゴエモンという珍しい名前をつけたのですが、3つのこだわりを持って命名をしました。

 

今回は柴犬の名前ランキングを紹介すると共に、愛犬に命名したときのこだわりポイントを紹介します。

ぜひ、柴犬にどんな名前をつけるか考えるときの参考にしてください。

 

 

1.柴犬の名前は、和風が多いです

1.柴犬の名前は、和風が多いです

1-1 柴犬は日本犬だから

 

柴犬につけられる名前は和風の名前が多いです。

その理由は、柴犬が日本犬だからです。

 

日本で飼われている犬種は柴犬、チワワ、トイプードルが多いのですが、この中でも柴犬はやはり日本ベースの犬なので和風の名前が多いようです。

3種の犬種別の名前ランキングがあったので、引用しました。

いぬの気持ちNEWS:【オスメス犬種別】犬の名前ランキング2018|いぬのきもちより引用

ランキングをご覧の通り、柴犬に付けられる名前とそれ以外では若干方向性が異なりますね。

 

メスの柴犬だとももちゃんやさくらちゃんなど、やっぱり日本ならではの名前が人気です。

 

一方、小型犬につけられる名前は、チョコやココアなどの洋風の名前が多いですね。

 

 

ぼくが小さい頃、アメリカに住んでいたときに一週間だけゴールデンレトリバーを預かって、お世話をしていたことがあるのですが、その子の名前はハッピーという名前でした。

 

レトリバーの飼い主さんは日本人の家庭だったのですが、ゴールデンレトリバーという犬種であることと、アメリカで飼っているのが影響しているのか、また違う趣のある名前でした。

 

このように、柴犬とそれ以外の犬種では人気のある名前の方向性に違いがあります。

結論として、柴犬の場合は和風の名前をつける飼い主さんが多いみたいですね。

 

2.愛犬に命名するときのこだわり

2.愛犬に命名するときのこだわり

ぼくは白いオスの柴犬を飼っていました。

その愛犬に、我が家では「ゴエモン」という名前を付けました。

 

次に、僕が柴犬の愛犬に命名をしたときの3つのこだわりについて紹介します。

ぜひ愛犬に名前をつけるときにこだわるポイントとして参考にしてください。

 

■ぼくが愛犬に命名したときの3つのこだわり

①頼れる相棒になってほしい

②漢字でもひらがなでもなく、カタカナに

③ほかのわんことかぶらない名前に

 

以上のとおりです。順番に紹介していきます。

 

2-1 頼れる相棒になってほしい

 

ゴエモンという名前の由来はかの有名な大盗賊・石川五右衛門からきている…わけではありません。

 

ルパン三世という作品を知っていますか?

ルパンの相棒は2人いるのですが、それが次元と五右衛門です。

 

「我が家の頼れる相棒になってほしい」という意味を込めて、ゴエモンという名前を命名しました。

 

次元にしないで五右衛門を選んだワケなのですが、実は最初に出た候補が次元でした。

ですが、ゴエモンの子犬の頃の姿がとても可愛らしく、次元という名前はあまりにゴツ過ぎました。

 

そのため、強さと華麗さを兼ね備えた五右衛門という名前を選択しました。

 

2-2 漢字でもひらがなでもなく、カタカナに

 

また、カタカナでゴエモンにした理由ですが、犬に漢字でがっつりした名前もつけるよりも、ひらがなで柔らかさを出したほうが可愛らしいよねという意見も出たからです。

 

「ごえもん」というひらがなの見た目は可愛くて、最後までひらがなにするか迷いました。

しかし最終的に、たくましく育って欲しいという意味を込めてカタカナにすることにしました。

 

2-3 ほかのわんことかぶらない名前にしたかった

 

最後に、やっぱり我が家の愛犬として育って欲しかったので、ほかのわんことかぶらない名前をつけたかったというこだわりがありました。

 

散歩をしている時に、おなじ名前の子が呼ばれたら、愛犬もびっくりしてしまいますよね。

どんなに人気の名前でも、そうそう近所に同じ名前のわんこが来るはずもないのですが、できるだけかぶらないようにしたかったのです。

 

 

このように、「ゴエモン」という名前はわりと珍しいのですが、しっかりと考え抜いた上で命名をしました。

 

 

みなさんはどんなこだわりを持って名前をつけますか?

ぜひ名前に思いを込めて、いい名前をつけてくださいね。今回の記事が命名の参考になれば幸いです。

 

僕はツイッターで、柴犬を中心としたペットの役立ち情報を毎日配信しています。

もしこの記事がちょっとでも参考になったと感じてもらえたら、ツイッターのフォローや記事の拡散をしてくれるととても嬉しいです。→Twitter:ユタカ@柴犬系ブロガー

 

スポンサーリンク