犬と生活

犬のおしっこに水を掛ける意味はあるのか。【マナーは生活レベルに比例】

犬のおしっこに水を掛ける意味はあるのか。【マナーは生活レベルに比例】

犬のおしっこに水を掛ける行動に意味があるのか疑問を持つ方へ。

「犬の散歩をしている人がペットボトルで水を掛けてるけど、正直意味なくない?ただ水溜まりを拡大させてるだけにしか思えない。」

「飼い主によってマナーや気遣いに幅が開きすぎていて困る。」

 

こういった悩みに答えていきます。

 

 

✔本記事の内容

1.犬のおしっこに水を掛ける意味はあるのか?

2.マナーは生活レベルに比例する

スポンサーリンク

 

こんにちは、柴犬系ブロガーのユタカ(@titlemaker_ytk)です。

ぼくは柴犬を14年飼っていました。

愛犬のゴエモンは、子犬の頃はやんちゃでした。

しかしプロトレーナーの元でしつけを行ない、僕も共にマナーを学ぶことで近所トラブルを起こさず、円満に乗り越えてきました。

 

今回は近所トラブルにも発展しかねない、犬のおしっこに水を掛ける効果について紹介していきます。

 

1.犬のおしっこに水を掛ける意味はあるのか?

1.犬のおしっこに水を掛ける意味はあるのか?

 

1-1 水を掛けることでおしっこ跡が残らなくなる

 

犬のおしっこに水を掛けることに意味はあります。

それは、おしっこの跡が残らなくなる効果があるからです。

 

犬のおしっこで電柱が黒ずんでいる光景は、日本に住んでいればだれもが見ているかと思います。

電柱が黒くなってしまう理由は、おしっこに含まれる水以外の成分、アンモニアやその他不純物がおしっこが蒸発した後も残ってしまうからです。

 

そのため、原因となる成分を水で洗い流すことで格段におしっこの跡は残さないことが出来ます。

 

 

ですが、問題はそこではありませんよね。

近所トラブルになる火種は水で洗い流すことが出来ません。

 

 

1-2 家主は絶対に納得しない

 

近所の家の敷地内でおしっこをすることで、処理の有無にかかわらずトラブルは発生します。

 

「ちゃんと水で洗い流してるから問題ないでしょ!」

と思っている飼い主が世の中にはいます。

 

たとえ愛犬のおしっこを水で洗い流したとしても、自分の家におしっこを掛けられた家主は絶対に納得してくれません。

自分が家主の立場になれば分かると思いますが、勝手に敷地内に入り込んできて、その上おしっこをされたらたまったものではないでしょう。

 

その上で、図々しく「マナーは守っている」と言い張られても、納得できる要素がみつかりません。

 

 

そのため、おしっこを洗い流すための水を持ち歩くことは大変素晴らしいことですが、もう一歩気遣いを深めましょう。

愛犬におしっこをさせる場所は、近所の住民のことをよく考えて決めましょう。

 

 

ちなみに、ぼくの愛犬のゴエモンは困ったことに道のど真ん中で突然うんちをすることがありました。

いつものように公園に向かう道中で、いきなりうんちの姿勢になったのでとても焦りました。

 

車があまり通らない道とはいえ、人も歩いているので周りの注目を集めてしまい恥ずかしかったです。

 

犬は年齢を重ねるたびにトイレを我慢するのが苦手になって行きます。

そのため日頃から散歩のコースも人気の少ない道を選ぶ癖をつけた方がよいでしょう。

 

 

2.マナーは生活レベルに比例する

2.マナーは生活レベルに比例する

 

犬の飼い主によって、マナーがなっている人、マナーがなっていない人がいます。

細かい気遣いまで行き届く飼い主さんもいますが、愛犬のフンを回収しない人も世の中には存在します。

 

2-1 マナーの悪い人の特徴:情弱

 

マナーの悪い飼い主の特徴ですが、情弱です。

 

そもそも、マナーのなっていない飼い主はこの記事を読むことがありません

いわゆる情報弱者なんです。

どんな行動が周りの住人に迷惑を掛けるのかを知らないので、マナーを破っている自覚がありません。

 

もうひとつの特徴ですが、周りを気遣える精神的・金銭的な余裕がない傾向にあります。

つまり貧乏ほどマナーが守れないとも言い換えれます。

 

そのため、住んでいる地域の金銭レベルも影響します。

 

生活レベルが高く、生活に余裕がある地域にはマナーの良い飼い主が集まりやすいです。

マナーを守る飼い主が近所に来てくれるのは、快適ですね。

 

幸い、僕の住んでいる街はマナーを守る飼い主さんが多かったです。

とはいえ、愛犬と近所を散歩していると公園に犬のフンが落ちているところにも何度も遭遇しました。

 

マナーを破る人が0になることはありませんが、生活レベルが違うと地域の住み心地も変化します。

引っ越しをする際は、地域の生活レベルを考えるのもひとつの軸になるのではないでしょうか。

 

 

以上、犬のおしっこに水を掛けることに意味はあるのかについてでした。

 

この記事を読んでくださった方はマナーを守る意思のある飼い主さんだと思います。

ご近所トラブルを知って、未然に防ごう。【犬の飼い主としての責任】」では柴犬の近所トラブルについて紹介しています。ぜひ併せて参考にしてみてください。

ご近所トラブルを知って、未然に防ごう。【犬の飼い主としての責任】
ご近所トラブルを知って、未然に防ごう。【犬の飼い主としての責任】飼い犬にまつわるご近所トラブルが知りたい方へ。 「近所トラブルに巻き込まれて、愛犬に危険が及ぶのが怖い。」 「最近は特に...

 

 

僕は愛犬のゴエモンを飼っていたときの経験を元に、犬を飼うときのノウハウをこういった形で毎日配信しています。

もしこの記事がちょっとでも参考になったと感じてもらえたら、ツイッターのフォローや記事の拡散をして頂けるととても嬉しいです。→Twitter:ユタカ@柴犬系ブロガー

 

スポンサーリンク