プロフィール

 

ユタカのプロフィール。

25歳、東京で会社員をしています。

14年と7か月、ずっと一緒に連れ添った愛犬「ゴエモン」が生涯の相棒。家族同然、親以上に彼を愛していましたが2019年4月に老衰で逝去しました。

 

ゴエモンは5歳の頃に緑内障で失明しました。

実際に飼っていたからこそ言いますが、やはり病気を持った愛犬を飼っていると飼い主への負担は大きくなります。

散歩ひとつ取っても、常に愛犬の足下に障害物がないか注視する必要があったし、
階段で転ばないかハラハラするはめになります。

それでも、大事な家族なので散歩は台風の日も欠かさず毎日行ったし、たくさん写真も撮って思い出を残しました。

 


とはいえ、愛犬には健康で過ごしてもらいたい。
だからこそ、愛犬の健康管理を出来る飼い主が柴犬の知識を身につけて、愛犬を健康に、長生きさせてあげて欲しい。
そして、後悔のない思い出づくりをしてほしい。

「これだけ楽しい人生を送らせてあげることが出来たんだから、寿命で亡くなっても、病気で亡くなっても、笑って送り出せる。」
そんな風に送り出させてあげたい。

 


僕は後悔しました。
愛犬のゴエモンが若い頃に失明してしまい、ドッグランで思い切り走らせてあげることが出来なくなりました。

代わりに、広い公園で10mの長いリードを限界まで使って全力で走らせることは出来ました。
盲目でも犬は三半規管が優れているから走り回ることが出来るんだなあと感じた瞬間です。


でも、もっと気兼ねなくゴエモンが毎日楽しかったと感じてもらえるような方法があったのではないか。

 

 

そんなことをもやもやと考えながら、2019年4月4日に亡くなったゴエモンの事を偲びつつ。

僕のように、ペットや愛犬を家族同然に愛している人へ、亡くした時の悲しみや後悔を同じように感じてほしくないという想いからブログを毎日執筆しています。

 

どうかこのブログを通して、愛犬を家族のように大切にしている飼い主さんの力になれますように。